コラム
フォトブックの作り方のコツ、ドリームページの活用方法をご紹介します。

あえて“普通の写真”を使うフォトブックの魅力とは?

「フォトブックってどんな写真を選んだらいいかわからない、写真選びが大変でなかなか前に進まない」なんて、声をよく聞きます。
そんなみなさんにフォトブックならではの写真の選び方について、フォトブックデザイナーの徳本雅美さんに伺いました。

あえて“普通の写真”を使うフォトブックの魅力とは?

“普通の写真”だからこそおもしろい。フォトブックの魅力

みなさんのスマートフォンの中には「普通の写真」がたくさんあると思います。
何気ない日々の写真、おでかけの記録、子どもの日々の様子。。。
こういった写真をまとめた日常フォトブック、いわゆる「アルバム」要素を持つフォトブックを作る人が増えています。

何気ない日々の写真、おでかけの記録、子どもの日々の様子。。。

フォトブックには素敵な写真をとっておきの1冊に残すという「写真集」的な役割もありますが、こうした日常の写真こそ、ほんとうは未来に残すべき大切な思い出なのではないでしょうか。

例えば、雑多な部屋の様子の中にうつるテレビや家具、転がっているおもちゃは20年後に見たらきっと懐かしい思い出に。

日常の写真こそ、ほんとうは未来に残すべき大切な思い出なのではないでしょうか。

学校や幼稚園の通学路、いつもの道、いつも見ている街並みは、20年、30年後に同じ姿ではないかもしれない。

毎日の写真、何気ない写真、「普通の写真」を使って作るフォトブックこそ、自分で作れるフォトブックの魅力だと思います。

毎日の写真、何気ない写真、「普通の写真」を使って作るフォトブックこそ、自分で作れるフォトブックの魅力だと思います。

<日常の記録におすすめのフォトブック>

フォトブックA5タテ

詳しくはこちら

表紙・カバー ページ数 価格(税込)
ソフト 20~80ページ 2,040円~
ハード 20~80ページ 3,370円~
サイズ/表紙 A5 縦長(212×159mm)
印刷方式 液体トナー6色
仕上がり グロス/マット/ナチュラルから選択
表紙 ソフト/ハードから選択
製本 無線綴じ
付属品 ソフトケース

■お話をうかがった人

写真整理アドバイザー

徳本 雅美(とくもと まさみ)さん

デジタル写真データを1冊の本にできる「フォトブック」サービスに魅了され、2013年にフォトブック教室「メモアル」を開設。以降フォトブック普及のためのさまざまな活動を実施。2015年、写真整理アドバイザー上級を取得し、子どものデジタル写真の整理方法を広く伝えるため「ママのための写真整理&フォトブックセミナー」を各地でリクエスト開催中。

フォトブックデザイナーの徳本雅美さんにフォトブックの活用方法について伺いました。ぜひ参考にしてみてくださいね!

スマホでかんたん!卒園アルバム、卒業アルバム 本格派!卒園アルバム、卒業アルバム