コラム
フォトブックの作り方のコツ、ドリームページの活用方法をご紹介します。

結婚式のアルバム、節約できる意外なポイント

このページを読んでくれているのはきっと、結婚が決まった方でしょうか。ご結婚、おめでとうございます。
結婚式の準備は順調に進んでいますか?
式場選びから始まり、式場決定後もたくさんの打ち合わせがありますね。
打ち合わせのたびに膨らんでいく、結婚式費用・・・その中のひとつが、「アルバム」ではないでしょうか。


ポイントはズバリ、両家用アルバム!

結婚式のスナップ撮影からアルバム(本人用)にかかる費用。見積もりをもらって、思ったより高くてびっくりした!という方も多いのでは?
さらに忘れてはいけないのが、両家にそれぞれプレゼントする両親用のアルバムです。それも追加するとけっこうな金額に・・・。でも、感謝の気持ちもこめてアルバムは贈りたいもの。
これらの費用をうまく削減するのが、自作フォトブックです。



どのくらい節約になる?

式場のフォトブックはA4スクエア型が多いので、ドリームページで、同じくらいの大きさ・ハードカバー・32ページで作成した場合の費用を見てみましょう。
ドリームページ「フォトブック260スクエア」で32ページのフォトブックを自作すると、お値段は11,180円。式場で注文するフォトブックの価格にもよりますが、これはかなりの節約になりそう!
ドリームページでは390円からフォトブックを作ることができますが、今回はご両家にプレゼントする結婚式のアルバム。高級感のある、ハードカバーでの作成がおすすめです。

   ドリームページ
  
価格 11,180円 5,660円
サイズ フォトブック260スクエア
260mm×260mm
フォトブックA4タテ
(ハードカバー)
297mm×210mm
カバー ハード ハード
ページ数 32ページ
※8~64ページで作成可能
32ページ
※20~80ページで作成可能



初めてでも、フォトブックを素敵に作れる理由

センスが不安・・という方もいるかもしれませんが、今回は、両家にプレゼントするためのアルバムだけ自作する、というのがポイント!
作業開始は、結婚式が終わり、自分用のアルバムと撮影データを式場から受け取ってから。
撮影データをパソコンやスマホに取り込んで、自分用のアルバムを見ながら真似してレイアウトしていけば、素敵な写真&レイアウトの、両家用アルバムが完成!
品質は、DNP大日本印刷の印刷・製本品質だから安心です。


アザーブックも作れます

式場でアルバムを購入したものの、当日の様子でもっと入れたい写真データや、友人が撮ってくれた素敵な写真もきっとあるはず。さらに、婚約指輪をもらった日、式場を決定した日・・・思い出は結婚式までもたくさん。
それらをまとめて1冊、新しいフォトブックを作れば、結婚式の思い出をより鮮明に残せますよ

  • おしゃれに見える写真のレイアウト
  • 結婚式で撮っておきたいシーン